知っておきたい!初心者のための部屋探しの手順

まずは物件(部屋)探しをしよう

部屋探しをするときは、まず自分の住みたいエリアを決める必要があります。その条件としては、会社や学校に近い場所か、またはその通勤通学に便利な場所になりますが、それぞれのエリアには家賃相場があります。なので、気になるエリアの家賃相場をネットなどで調べた上で、自分が支払える金額を考慮しながらエリアを絞っていきましょう。そして、ある程度のめぼしが付いたら、不動産屋を訪ねて実際に部屋の下見に行きましょう。部屋の雰囲気や周囲の状況など、実際に自分の目で見ないと分からないことも多いので、下見は出来るだけ行ったほうがよいと言えるでしょう。

契約するときは慎重に

住みたい部屋が決まったら、次は契約という手順になります。多くの場合、その物件についての重要事項説明を聞いた上で判子を押すという流れになりますが、納得がいかない場合は、もちろん契約する必要はありません。もし何か不自然に感じることや、納得できないことがあるなら、その場で問い質したり、あるいは後日あらためて契約をするという判断も必要でしょう。これから数年間住むということを考えれば、慎重に考えるのは当然だと言えます。また、申し込みをする前に重要事項説明をしてもらうことも可能なので、時間的に余裕がある場合はお願いしてみるのもよいでしょう。

引っ越した後にやること

契約が済んで後は引っ越すだけ、と言っても、まだやることは沢山あります。引越し先の部屋は、まだ電気・ガス・水道といったライフラインが止まったままなので、それぞれの営業所に連絡して開設してもらう必要があります。とくにガスの場合は、開設をするときに立会いが必要なので、時間の都合をつけなければなりません。そしてインターネットを使用する場合は、その開設や設定なども行わなければならないでしょう。さらに役所への届けなども必要になります。

札幌の賃貸の情報は北海道の不動産が豊富に掲載されている便利な情報サイトを活用すると、家賃などの条件で詳しく調べることが出来ます。