子どもがまだ小さな時の賃貸住宅の条件ー3選

スーパーマーケットは歩いて10分以内

子どもが小学低学年くらいまでは、主婦は目を話すことができません。そのために、家に子どもを置いて買い物にも出かけることが出来ないものです。それでも、食事の支度はしなければなりませんので、スーパーマーケットが近くにあることが切実な問題になります。三歳未満の子どもがいるうちの家庭では、寝かせて買い物ができるのは歩いて10分以内がベストです。少し遠ければ、コンビニがこの圏内にあることを確認しておくことです。

小児科または内科が近くにあること

子どもが小さなうちは、いつ熱が出るか分からないものです。両親が近くに居なければ頼りになるのはお医者さんだけです。特に、初めての子育てとなれば、知識がありませんし不安ばかりでノイローゼにもなりかねません。できれば小児科が良いのですが、小児科がなければ内科があるかどうかです。また、このクリニックの営業日も確認しておくことです。土日休みでも、住まいが同じであれば緊急は受け付けてくれるかも聞いておくことです。

幼稚園と小学校までの距離と安全確認

賃貸住宅に入居しても3年5年はすぐ経過するものです。子どもの成長を考えて借りなければなりません。幼稚園や小学校までの距離も確認しなければなりません。幼稚園は迎えの車が家の前まで来るのかどうかです。また、幼稚園が何カ所かあれば、その噂なども聞いてみることです。小学校は子どもが一人で通うことになります。学校までの距離と子どもが歩いてかかる時間、その間の道路事情も調べておく必要があります。毎日のことなので、帰ってくるまで心配になるのでは困るからです。

札幌の賃貸マンションは、防犯システムもしっかり整っていますし、賃貸なので転勤などで引っ越す必要が出てきてもいつでも引っ越せるので、焦る必要もなくなります。